グルメ
イメージ画像

【不動産フィリピン】フィリピン不動産の魅力

フィリピン不動産を取得する日本人が最近増えています。
将来のリタイア生活の地として、ここ最近、フィリピンを選択、
フィリピン不動産を購入される日本人が増えてきています。

データとしては、在留邦人は計1万8,202人となっております。
そのうち永住者は、4,476人です。

この5年間で、日本人は約3割増加しており、永住者は増加数の約75%を占めています。
地域別では、

マニラ首都圏 56% (マカティ市 24%) セブ 10%  ボニファシオ 41%

となっています。

フィリピンは一年を通じて安定した気候に恵まれ、体への負担は小さいです。
また、生活コストも日本に比べ非常に低く、同じ年金生活でも生活の質は全く異なるでしょう。
人件費も非常に安く、一般のメイドであれば月6,000円、
介護の専門職でも月20,000円程度で雇うことができるのも理由の一つです。

また、日本からもわずか4時間程度のフライトで行き来できるので、
日本が恋しくなればいつでも帰ることができる
というのも魅力のひとつかも知れません。

このように、リタイヤ生活を快適に送るためのいくつかもの条件が、
ここフィリピンにはそろっているのです。

この理由によりフィリピン不動産を購入される方が増えています。

そしてフィリピンでは近年旅行者も増えています。
現在増加傾向が続いています。

2010年の外国旅行者は330万にでした。
フィリピン観光業は225億ドルを生んだと伝えられています。
2016年には、旅行者数、収支が同率で15%アップすると伝えられています。

フィリピンに訪れる旅行者が増えれば増える程、経済は潤い、
経済が潤うことにより、フィリピン不動産の価格上昇にもつながります。



フィリピン不動産 最新情報

このページの先頭へ